【最短2〜3日】最速で水槽を立ち上げる方法【熱帯魚屋もやってます】

アクアリウム

熱帯魚を買うためには、まず水槽立ち上げ、つまり水槽の中に魚が生きていける水を作る必要があります。

僕の過去の記事でも書いたことがありますが、一般的にはまず水を入れてしばらくフィルターを回し、次にパイロットフィッシュを入れてバクテリアをある程度増やしてからメインの魚を入れるのが主流であるとされていました。

つまり、従来の水槽立ち上げは2〜3週間かかることとされていました。

しかし、最近ではもっと手っ取り早く水槽の立ち上げが可能であると言われています。

今回はそのやり方についてご紹介していきます。

水槽立ち上げとは

熱帯魚を水槽で飼うには、まず水槽の中の水を魚が生きていける水にしなくてはいけません。

例えば、水道水をそのまま使用しては、すぐに弱って死んでしまいます水道水は、人間が飲むための水なので、カルキと呼ばれる消毒のようなものが入っています。そのカルキは、魚にとってはよくない成分なので、まずカルキは抜いてあげないといけません。

カルキに関しては、市販のカルキ抜きを使用すればなんの問題もありません。

一度沸騰させると、カルキは飛んで行きますが、水槽用の水を全部沸騰させていたらキリがないので市販のカルキ抜きを買うのが手っ取り早いです。

完璧にこなすのであれば、水槽の目的に合わせて、phなど水質の調整などをする方もいます。

レイアウト水槽を目指す場合なら、水温や酸素濃度、二酸化炭素濃度なども調整する必要があります。

とはいえ、初心者の方でしたら、基本的には熱帯魚が最低限生活できる水を作れば良いので、そこまで心配する必要はないです。

水槽立ち上げの工程には道具を揃えたり魚を選んだりといろいろありますが、メインは水を作ることであると言っても過言ではありません。

本来であれば、2〜3週間ほどかけてパイロットフィッシュなどを導入しながら時間をかけて水質を調整していくのが主流でしたが、最近では熱帯魚屋さんも実際に行っている、最短の水槽立ち上げ術があるそうです。

水槽立ち上げ、つまり水を作るというのは、具体的には水の中にバクテリアを増やすということです。

バクテリアと聞くとあまり良いイメージはありませんが、水槽を扱う上では非常に大事なことになってきます。

バクテリアの役割=水をきれいにする

結論から言うと、バクテリアの役割は、有機物を分解して、水をきれいにすることです。

ここから詳しく説明していきます。

バクテリアとは、広い意味では「真正細菌」の仲間のことを指します。これらは、水槽の中の有機物(食べ残しの餌、フンなど)を分解して、無機物に変えてくれます。

バクテリアには主に2種類あります。(初心者の方は読まなくても大丈夫です。)

①ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)

アンモニア硝化菌と言う名前の通り、魚にとって有害なアンモニアを分解して、アンモニアよりも害の少ない亜硝酸塩に変えてくれる役割があります。

本来の自然環境であれば、川をイメージすると分かりやすいですが、その場に悪いものがたまらず流れて薄まっていくので魚には悪影響はあまりないのですが、水槽だとそうは行かないので、バクテリアに分解してもらわないといけません。

こちらは市販のバクテリア材で水槽に入れることができます。

②ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)

亜硝酸硝化菌と言う名前の通り、魚に有毒な亜硝酸塩を、比較的無害な硝酸塩に変えてくれる役割があります。

亜硝酸塩はアンモニアほどではありませんが、やはり魚にとっては有毒なものですので、これもバクテリアに分解してもらう必要があります。

こちらは、休眠加工が難しく、市販のバクテリア材に入っていることは少ないと言われています。

これらを生きた状態で水槽に入れるには、それ専用の保存方法での入手をする必要があります。

基本的にはそこまで深刻に考える必要がないので、「水槽にはバクテリアが必要だ」と言うことだけ覚えていればOKです。

最速で水槽を立ち上げる方法①

ずばり、最初からメイン魚を10匹程度入れる、と言うやり方です。

「え、すぐに弱って死んでしまうのでは?」と思うかもしれませんが、一応明確な理由があります。実際にプロの方で、この方法を説いている方もいます。

このやり方の根本には、パイロットフィッシュは不要と言う考え方にあります。

パイロットフィッシュの役割とは、悪い環境に強い魚を入れて、そこで生活をさせて水を汚してもらって、それによりバクテリアを増やして、メインの魚を入れる受け入れ態勢を作る、と言うところにあります。

ですが、基本的にパイロットフィッシュは、少数(1〜3匹)しか入れないため、水が汚れるのにかなり時間がかかります。

水槽立ち上げに重要なのは、バクテリアの繁殖であり、そのバクテリアは何によって増えるかと言うと、汚れた水によって増えます。

つまり、最速の水槽立ち上げというのは、「水を汚す→バクテリアを増やす」と言う工程を最短で行う方法であるといえます。

しかし、水をガンガン汚せば良いと言うわけでもありません。バクテリアが増える速度にも限界があるので、バクテリアが増える速度より、水が汚れる速度の方が多くなってしまうと、水は汚れる一方になってしまいます。そこで適量と言われているのが、最初に10匹です。

20匹とか30匹とか入れてしまうと、水がガンガン汚れてしまうため、悪い環境になってしまうとのことです。

この方法でいくと、水槽に水を入れて、カルキ抜き、バクテリア材を入れて、2〜3日フィルターを回して、いきなりメインの魚を10匹入れて水槽立ち上げが完了ということになります。

2〜3日フィルターを回す理由は、最初はどうしてもバクテリア材やフィルターの炭などで水が濁ってしまったりするので、それを落ち着かせる期間であったり、ヒーターなどで水温を調整する期間であったりします。

最短で水槽を立ち上げる方法②

2つ目の方法は、別の水槽の水を使うという方法です。

ただし、既に立ち上がった大きめの水槽が別にある方のみできる方法です。

まず、事前に新しい水槽で使う予定のフィルターをその大きな水槽に使って回しておきます

これで、フィルターにバクテリアを付着させることができます。

そして、新しい水槽には、半分程度既にある水槽の水を入れます。フィルターも事前に準備していたものを使用します。

こうすることによって、2つ目の水槽は、立ち上げ当日からほぼ完成した状態で稼働させることが可能になります。

いわば、水槽のコピーを作ったような感じです。

この方法のメリットは、大きな水槽の水換えも同時に行えるという点もあります。

まとめ

今回は、水槽を最速で立ち上げる方法をご紹介しました。

その方法は2つあり、

  • ①一気にメインの魚を10匹ほど入れる
  • ②既に立ち上がっている別の水槽の飼育水を使う

という2つの方法をご紹介しました。

2つ目に関しては、既に別に立ち上がっている水槽があるか確か実践できないので、初めて水槽を立ち上げるよという方は①の一気に10匹入れる方の方法をすると良いと思います。

従来の一般的な水槽立ち上げ方法については過去の記事に書いていますので、興味がある方はこちらをご覧ください。

実際にどの方法を行うかは、自身の判断で良いと思います。

では、貴方らしい水槽ライフを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました