【人生をイージーモードへ】めんどくさいをなくす方法【人間関係編】

ブログ

生活をしていれば、会社や学校、家族など、人間関係にめんどくさいと感じることがあるかと思います。

その原因と解決策をここで覚えて、今後は人間関係を少し楽に感じるtことができるようになりましょう。

〜コンテンツ〜

  • 人間関係がめんどくさい理由
  • 幸せの4つの種類
  • 人間関係に振り回されなず幸せになる6つの方法
  • 自分を甘やかす5つのステップ
  • まとめ

人間関係がめんどくさい理由

人間関係にめんどくさいと感じるのは、以下のような時だと思います。

  • 自分のいうことを相手が聞いてくれない時
  • 相手からいろんな要求をされたり、自分の嫌なことをされた時
  • 何か話しても相手に受け入れてもらえない時
  • 仕事の後の飲み会に出席しないといけない時
  • 仕事で人に頼み事をしないといけない時
  • 要求を通すために根回しなどのプロセスを踏まないといけない時

これらの特徴を述べると、夢や何かの目標を実現しようとした時、人間関係に障害が生じると読み取ることができます。

その中で、特に相手に自分を合わせないといけにない時に強いストレスを感じると思います。

逆に考えれば、自分が最もリラックスしている状態を実現できると、めんどくさいと感じることもなくなります。

大体、人と一緒にいるときに、人と自分の価値観の違いに気づきます。その差を埋めようと、気を遣うことでありのままの自分でいることができなくなります。

単純な解決策として、ありのままの自分でいられるようにすることが重要になります。

幸せの4つの種類

めんどくさいを解決するためには、反対の感情である幸せに対する理解を深めましょう。

  • ①ポジティブな動的感情
  • ②フロー状態
  • ③自分の行いに意味や意義を感じている状態
  • ④ポジティブな静的感情

①は、わかりやすく言うと嬉しい感情などです。ワクワクや、嬉しい、楽しいなど、テンションが上がるような感情も、幸せの種類の一つです。

②は、何かに夢中になっている状態のことです。フロー状態にあると、時間の流れが早く感じたりします。ゲームに夢中になっていたり、友達と楽しく遊んでいる時間は早くすぎたりするのもこれに当てはまります。

③は、言い換えると「自分の人生は目的に沿った生き方をしている」と実感している時に幸せに感じます。人生の目的に近づける仕事をしているときや、何かで結果を出した時などにこれに当てはまります。

④は、心が穏やかな状態を指します。ぼーっと海を眺めながら家族と話をしたりすると、人は心の平穏を感じます。また、瞑想をしている時もとても静かな感情になります。こういった静かな感情乗っとき、人はとても幸福を感じることができます。

この4つの種類の幸せを感じることが、めんどくさいをなくしたときの目標地点であると考えることができます。

人間関係に振り回されず幸せになる6つの方法

  • ①感謝を味わう
  • ②幸せを噛み締める
  • ③最近良かったことを意識する
  • ④パッションを生きる
  • ⑤何も考えない時間を増やす
  • ⑥フロー体験をする

①は、先に「ありがとう」と言い切り、感謝していることを味わう方法です。人は意外と感謝する事をわ忘れがちな生き物で、目の前のことに感謝をすることが 幸せの第1歩です。

②は、何かしているときに、そのことに集中するという方法です。何かをしながら別のことを考えているときは、80%くらいの確率でネガティブなことを考えています。ネガティブな考えをする時間を減らすことが、幸せな感情を作る近道です。

③は、ポジティブな感情をアウトプットする方法です。口に出したり書いたりすることで、ポジティブな感情が色濃く自分の中に刻まれ、幸せな感情になります。家族に対して、今日あったことを話したり、もしくは自分のいいこと日記などをつけることも有効です。

④は、情熱に動かされて生きる方法です。自分が心の底からやりたいと思っていることをやっていると、体力やメンタルとは別の動力源で動くことができます。さらに、情熱で動くと、夢中になるため、フロー状態に入りやすく、幸せな感情になりやすいです。

⑤は、そのままの意味です。何かを考えているときは、だいたい嫌なことを考えています。なので、そもそも考える事をしない時間を作ることが、自分に対して休息の時間を与えることになります。もちろん、意識的な思考は大切です。なので、無意識な思考を減らすように意識しましょう。

⑥は、フロー状態を実際に体験してみるという方法です。もしかすると、フロー状態を体験したことがない、もしくは自覚したことがない人もいるかとおもいます。フロー状態にはいるコツとしては、自分がやりたいことで、確実に価値のあるkとで、自分よりも少しだけレベルの高いことに挑戦しているときです。ぜひ試してみてください。

自分を甘やかす5つのステップ

自分に厳しくすねきと考えている人もいますが、それでは疲れ果ててしまうので、時には自分を甘やかすことも大事になってきます。

よくある悪循環として、ダラダラしてはいけない→ダラダラしてしまう→自己嫌悪→ストレスがたまる→休憩が必要になる→ダラダラしてはいけない、というように、自分で自分の首を絞めている状態になってしまいます。

これではいい結果にはなりません。

自分を上手に甘やかすステップを紹介します。

  • ①自分のルールを自覚する
  • ②ルールを考えている時の感情を味わう
  • ③ルールを手放した方がいいか自問する
  • ④ルールをいろんな角度からみなおす
  • ⑤ルールの方が自分を手放してくれる

①で、自分を苦しめている固定観念など、こうすべきといったルールを自覚します。特に、自分の喜怒哀楽の感情がどのような時に出現するのかを明確に認識することで、ルールが把握しやすくなります。

②で、自分のルールに反することを他の人がしているときの感情を考えてみます。自分が正しくないと思うことを他人がしていたら腹が立ちます。そこで、そのルールについて着目を始めます。

③で、そのルールが本当に必要か自問自答します。これは必ず手放すわけではありません。そのルールがある時点で、過去の自分の役に立った景観があるからです。ただ、今の自分に当てはめて考えたときに、手放したほうが楽になるルールは、手放していいでしょう。

④で、そのルールについていろんな角度から見直していきます。この時に大切になるのは、他人に合わせようとするのではなく、「自分という人げbを、大切な人のように扱う」ということです。例えば、身近な人が「自分なんてダメだ」と落ち込んでいたら「そんなことないよ」と声をかけますよね。その言葉を自分にもかけてあげてください。

⑤で、①〜④のステップを踏んだあなたを、ルールの方が手放してくれます。ルールの必要性についてよく考え、かつ自分を大切にする気持ちが生まれることによって、自分を縛るルールは無くなって、気持ちがうんと楽になります。

この5ステップで、自分をルールから開放することができます。

まとめ

簡単にまとめると、人間関係にめんどくさいと思う理由は、自分と相手の違いを感じたときです。

そしてその差を合わせようとしたときに強くストレスを感じます。

相手との違いで嫌な気持ちになる理由を解明するためには、自分を俯瞰的に見て、感情を理解する必要があります。

なぜ、嫌な気持ちになるのか、自分のルールは何なのかをよく理解します。そして、そのルールの必要性、無理をしている自分をよく考えていくと、ルールがなくなって楽な状態になります。

これは決して相手に合わせましょうという話ではありません。言うなれば、ルールの取捨選択の方法です。そしてその判断基準あはくまで自分であるということが重要です。

自分を大事にすることが、人間関係でめんどくさいという感情をなくす最も有効な方法になります。

あなたも自分にあまり無理をさせすぎないように、自分を甘やかしながら人生の幸せを噛み締めて生きていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました