【5つのコツ】パワーワードの作り方【簡単に強いコトバを作る技術】

ブログ

世の中には様々なパワーワード、すなわち「強いコトバ」が存在します。それを考えた人をすごいと思うでしょう。「自分にはセンスがないから…」と諦める必要はありません。「強いコトバ」はセンスではなく技術です。

目次

  • パワーワードとは
  • ①ギャップ法
  • ②サプライズ法
  • ③リピート法
  • ④赤裸々法
  • ⑤クライマックス法
  • まとめ

パワーワードとは

文字通り、力を持った強いコトバを意味します。有名な歌の歌詞や、雑誌の表紙にあるようなコトバは、見た人の心に響くようなコトバがよく見られます。

「日本に、世界がやってくる」

これは、有名海外ブランドが日本へショップを出す旨の記事がある雑誌の表紙にありそうなコトバの例です。

おそらく、インパクトがあると思われた方は多いと思います。

これはセンスではなく明確な技術によって誰にでも作り出すことが可能です。

この記事を読んだあとは、あなたは人の心に響くコトバを使いこなせるようになります。

これから簡単に身につく5つのコツを紹介します。

①ギャップ法

「日本に、世界がやってくる」

名言の多くは、これでできています。これひとつをマスターするだけでも、あなたのコトバは数段レベルアップします。

ギャップ法とは、簡潔にいうと、伝えたいメインのコトバの「反対のコトバ」を前半に付けるという技術です。

これを3つの手順で作っていきます。

①伝えたいコトバを決める。(例)世界がやってくる

②正反対のコトバを前半にいれる。(例)世界⇔日本

③前後がつながるよう、自由につなぐ

これによって、「日本に、世界がやってくる」というコトバが完成します。

他にも、例えば「大きな自分の、小さな世界」など、シンプルに「大きい」「小さい」を使うことでギャップを生むこともできます。

あとは、有名な歌の歌詞だと、形の無いものに動詞をつけるという手法も見られます。(例)「時代の声に責めたられる」「愛が僕に噛み付いて」

②サプライズ法

「海賊王におれはなる!!!」

これです。

といっても、「は?」となりますね。

サプライズ法とは、伝えたいコトバに適した「サプライズワード」を入れるだけという超簡単な手法です。

サプライズワードには、このようなものがあります。「〜!!!」「あ、〜」「びっくり、〜」「そうだ、〜」「すごい、〜」「信じられない、〜」「お、〜?」など

これらが使われたコトバの例は、「そうだ、京都へ行こう」「おお、心の友よ」などがあります。

これは普段の会話でも利用でき、「ありがとう」より、「わ!ありがとう」の方が、気持ちがより強く伝わるでしょう。

③リピート法

「いつまでも、いつまでも続いて欲しい」

文字通り、コトバを繰り返す手法です。

この手法に関しては、伝えたいコトバ以外のコトバを別に考える必要がないため、簡単度は1番だと思います。

この手法が使われた例は、「会いたくて会いたくて震える」「ポニョポニョポニョ魚の子」「女々しくて女々しくて女々しくて」「おおロミオ、ロミオ あなたはどうしてロミオなの」など。

普段使いより、歌詞やセリフに使われる傾向があるようで、場面によって雰囲気をより強調させることができます。

④赤裸々法

「頭が真っ白になるくらい、あなたが好き」

これは、伝えたいコトバと赤裸々ワードを組み合わせる手法です。

この手法で作ることができるのは、人の体温が感じられるような心に染みるコトバです。

自分の本音を話すときに、少し恥ずかしいような具体的な気持ちを表現することで赤裸々ワードは作り出せます。

例えば、「会いたくて会いたくて震える」(2回目)や、「狂おしいほど愛して」などがあります。

水泳選手の「超きもちいい!!」などのコトバも、素直な爽快感が吹き抜けるようなコトバですね。

⑤クライマックス法

「ここだけの話だからね、〜」

これは、人前で話すときに是非使って欲しい魔法のフレーズですね。

ここからは、しっかり集中して読んでください。

…これが、クライマックス法です。↑この手法は、いきなり伝えたい話をしない、というだけでできる方法です。

実は、この記事の題目にある【5つのコツ】も、クライマックス法の手法のひとつです。

ここぞというときに気を引く魔法の手法です。

まとめ

パワーワードを作る5つの手法を紹介しました。

簡潔にまとめると、

  • ①ギャップ法:逆の言葉を使う
  • ②サプライズ法:サプライズワードを使う
  • ③リピート法:繰り返す
  • ④赤裸々法:赤裸々ワードを使う
  • ⑤クライマックス法:いきなりメインを話さない

ここで学んだ技術を使えば、あなたのコトバが一瞬で強くなり、人生が変わります。

さぁ。

ここにたどり着いたあなたの手で、閉まっていた人生のドアを開けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました